↑  ↑  ↑  ↑

Q.このキャラクターの名前は何でしょう?


A.箱入りモンキー B.日光猿軍団 C.ひかりカエサル





正解はこちら

↓  ↓  ↓  ↓




2007年07月16日

ハリー・ポッターの影響でインドに「魔法学校」設立?


ハリー・ポッターに登場する三大魔法学校

『ホグワーツ魔法魔術学校』
年少の魔女や魔法使いが魔法についての理論や実技を学ぶための7年制の教育機関。全寮制。その年の9月1日時点で11歳である魔女や魔法使いに入学資格が与えられる。進級や卒業についての制度は特に明記がないが、成績不良が目に余る場合は退学もありうることが1巻で示唆されている。
場所はイギリスのスコットランド地方と推測される。
生徒数は約1000人(原作者による)。 すなわち、一つの寮には平均して約250名の生徒が在籍し、1学年は4寮あわせて約143名、ひとつの寮では約36人という計算になる。しかし作中では、スリザリン生は約200名とされている。合同授業が授業の大半を占めているため、毎授業約70名以上で行われている。


『ダームストラング専門学校』
作中におけるドラコの発言からは、同校が純血の魔法族の学生しか入学させず(少なくともマグル出身者は除かれ)、カリキュラムも闇の魔術に力を注いでいることが伺える。
「制服に厚い毛皮のケープが付いている」「冬季は、大変に寒く、昼が短い」という記述と、作品に登場する同校の生徒の名がみなスラヴ系であり、ゲルマン系の諸国の生徒を受け入れていないと考えられることから、ゲルマン系であるスカンジナビアを除くヨーロッパ北部にあると考えられる。


『ボーバトン魔法アカデミー』
700年以上の歴史があり、校名の「ボーバトン」はフランス語で「美しい杖」を意味し、校章も交差した金色の杖からそれぞれ3つの星が飛んでいる、という物である。
映画では女子校であるという描写が成されているが、小説では男子学生も存在している。
小説では薄いシルク製のローブ1枚だけであり、ホグワーツ城に来校した生徒は寒さを凌ぐ為にマフラーやスカーフ、ショールを着ていた。
映画では青いワンピース型のローブを着用していた。
校長であるマクシームをはじめ、生徒がフランス語訛り(語頭の“h”を読まない、洋書では“Th”を“Z”と発音する等)を喋り、上記の通り制服が薄着であることから、フランス国内の比較的暖かい地域にあると思われる。

.
posted by まつ at 13:33 | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする















広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。